同軸ケーブル・光ケーブルなら橋本興産株式会社電線・ケーブルの総合商社

095-823-3174平日9:00〜18:00

24時間受付迅速対応

お見積り・お問合せ

LANケーブル

インターネットや通信、情報ネットワーク構築にかかせないLANケーブル。
お店やネット通販で探すと、同じようで違う様な製品がたくさん見つかります。
用途は決まっているけれど、どれが最適か分からない、というかたはこちらのページを参考に見つけて頂いたり、直接興産までご相談頂けますと、よりご要望に沿った製品が見つかります!

お見積もり
お問合せ

橋本興産なら、まとまってのご購入の見積・購入がしやすく、商品によっては特別価格商品をご用意することも可能です!

LANケーブルとは

Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)の略。
構内ネットワーク(LAN)を構成する機器間をつなぐ通信ケーブル。

信号を伝達する光ファイバーや銅線を樹脂やゴムなどで覆った線状の部品で、両端に機器に接続するためのコネクタを取り付け使用します。
Ethernet(イーサネット)LANなどで利用されるツイストペアケーブル(より対線)で、ノイズを遮断するシールド被覆の有無からSTP(Shielded Twist Pair)ケーブルとUTP(Unshielded Twist Pair)ケーブルがあります。

LANケーブルの規格(カテゴリ・グレード)

LANケーブルは、カテゴリという規格で分かれており、通信速度・周波数の違いで分かれています。
カテゴリの数字が高いほど通信速度は速くなります。

●カテゴリー5e
一般的なLANケーブルです。
1000BASE-T 1Gビット/秒のLAN向け
●カテゴリー6
ケーブルの中央に十字の仕切りが入っており、1対(2線)ずつに区切られている。
その為カテゴリー5eと比べ、より厳しい耐ノイズに優れている。
1000BASE-TX 10Gビット/秒のLAN向け

規格 CAT5 CAT5e CAT6 AT6A CAT6E CAT7
通信速度 100Mbps 1Gbps 1Gbps 10Gbps 10Gbps 10Gbps
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T ×
1000BASE-TX × ×
10G-BASE-T × × ×
伝送帯域 100MHz 100MHz 250MHz 500MHz 500MHz 600MHz
LANケーブルの規格(カテゴリー)別の通信速度を計測しています。

規格 利用環境・おすすめ
CAT5 すでにほとんど販売もされていませんが、おすすめではありません。
現在、HUBなど価格も下がっており、100MbpsでLANを使用するケースが少なくなっています。
CAT5のLANケーブルを使用している場合は、cat5e以上に変更することをお勧めします。
CAT5e 一般家庭や数名程度の企業・店舗の場合は、安価なCAT5eをお勧めします。
ほとんどのパソコンや通信機器は1Gbpsとなっており、さらに上位のカテゴリーLANケーブルを使用しても通信速度には大きく影響しないことがほとんどです。
CAT6 大企業やパソコン・サーバが多い企業・店舗にお勧めします。
CAT5eと通信速度は一緒となりますが、ケーブルの形状により同時使用時の通信速度に影響します。
CAT7 ノイズが多い場所で高速に通信したい方にお勧めします。
ケーブルの二重シールド(STP)や接合部の金メッキなどにより外部から干渉に強い仕組みとなっています。

LANケーブルの色

標準色は薄青です。
薄青はメーカーによって水色や空色と呼ばれる事があります。
青系には薄青と濃青がありますので、注意が必要です。
同じ表示色であってもメーカーによって濃さがや色合いが異なります。

LANの形状

カテゴリの違いや色合い以外にも、LANケーブルには違いがありそれそれで機能や性能が異なります。

スタンダード 一般的な丸型LANケーブルです。
持ち運びや配線などの都合以外はスタンダード形状をお勧めします。
フラット 厚さ1ミリ程度の薄いケーブルです。
壁際や隙間などに重宝しますが、ノイズに弱いため長い距離での利用はお勧めできません。
極細 スタンダードの半分くらいの太さの丸型LANケーブルです。
持ち運びなどには重宝しますが、通信の安定性は低下します。
据え付けとして使用するLANケーブルではお勧めできません。

「UTP」と「STP」の違い

ケーブル内のシールド(アルミ箔による保護)の有無によりノイズ耐久性に違いがあります。
UTPとSTPを外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。
ただし、一般的にCAT6以下はUTP、CTA7はSTPとなります。

UTP 一般的なLANケーブルです。
LANケーブル内部はシールドが施されていません。
家庭や企業でのノイズはUTPケーブルで十分対応できます。
このため、販売されているCAT6までのLANケーブルはほとんどがUTPとなっています。
STP ノイズを強化したLANケーブルです。
LANケーブル内部はシールドが施されており、ノイズに対応しています。
シールド;アルミ箔で保護されています。
UTPと比べると価格が高くなっています。
CAT7対応ケーブルはSTPケーブルとなっています。

「単線」と「より線」の違い

ケーブル内の芯線により通信の安定性などが違います。
単線とより線を外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。
感覚とはなりますが、柔らかいケーブルはより線で固いケーブルは単線となります。また、フラットケーブルと極細ケーブルはほとんどがより線となります。

単線導体は銅線1本で構成されており、伝送特性にすぐれ距離の長い幹線系配線に適しています。撚線導体は細い銅線を撚り合わせて1本の導体を構成しています。やわらかく屈曲性にすぐれ、デスク周りの取りまわしなどに適しています。
10m以上は単線、5m以下は撚線が適しています。

単線 1本の芯線に1本の銅線が使用されたケーブルです。
より線に比べて通信の安定性が高くなります。
通信を考えるとより線より単線の方がお勧めとなります。
ケーブルが固くなるため、より線に比べて配線の取り回しが若干面倒となります。
より線 1本の芯線に複数の銅線が使用されたケーブルです。
単線に比べて通信が安定が低下します。
ケーブルは柔らかく取り回しが楽なため、持ち運びなどに便利となります。
短いLANケーブルで取り回し重視の場合はより線を選択します。

「ストレート」と「クロス」の違い

以前は「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」を厳密に使い分ける必要がありましたが、現在はネットワーク機器が自動判別する機能を備えており、ほとんどのケースで「ストレートケーブル」が利用出来るようになっています。
一般的には「ストレートケーブル」を使用すると判断ください。

24時間受付迅速対応

お見積り・お問合せ